アロマオイルの効能・効果とアロマセラピー について

アロマセラピーの日本での歴史,アロマセラピーの楽しみ方−芳香浴・入浴,アロマオイルの効能・効果,キャリアオイルの種類と効果,アロマオイル、エッセンシャルオイル(精油)の定義・,アロママッサージの種類・方法と効果,アロマセラピーで花粉症対策,アロマキャンドル・ポッド・ランプなどのグッズの種類,アロマセラピーの歴史,フランス式メディカルアロマセラピー,アロマオイルの効能・効果とアロマセラピー,最新情報を紹介しています。


最新記事

アロマセラピーの日本での歴史

例えば、ローズのような花の香りによって、なんだか優しい気持ちや幸せな気持ちになったり、ペパーミントのような香りで鼻の通りがよくなったりするような体験をした人もいるだろう。

こういった現象は全て香りが身体に影響を与え、効果を発揮しているということである。

アロマセラピーは、香りが持つこのような作用を利用しているのである。


また、アロマセラピーは、植物の成分を凝縮させて抽出した精油を使って行う自然療法なので、香りをかいだり、直接肌に塗布して成分を吸収させることにより、本来人間が皆持っている自然治癒力を高めて心身を改善させる効果があるのである。


アロマセラピーは、ヨーロッパなどでは、かなり昔から浸透していたようだが、日本では、ほんの数十年前に名前が知れ渡り始めたにすぎない。

名前が知れ渡り始めてから、数十年位しか経っていないのに、香りや効能に興味を持ったり、生活の一部に取り入れたり、勉強したいという人が増えているのは、現代社会がアロマセラピーの効能を必要としているからかもしれない。



アロマセラピーの楽しみ方−芳香浴・入浴

<入浴>
入浴もお手軽にアロマセラピー(英語では、アロマセラピー)を楽しむことの出来る方法の一つです。

浴槽に適温のお湯をはって、香りと効果を考えて選んだアロマオイル(精油)を5滴程度落とし、よくかき混ぜてからお湯につかります。

芳香を吸入するとともに、肌からも香りの成分を取り入れることができ効果的です。

肌の敏感な方や子供の場合には、5滴以下のエッセンシャルオイル(精油)を10ml程度のキャリアオイル等でうすめてから使用するといいでしょう。


<足浴、手浴>

洗面器やバケツにやや熱めのお湯を入れて、1〜2滴の精油を落としてよくかき混ぜてから、手や足を10〜15分間程度つけます。

<必要なもの>
アロマオイル(精油)、キャリアオイル(必要に応じて)


インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをMy Yahoo!で購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをGoogle readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをlivedoor Readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをはてなRSSで購読する

パーツ