アロママッサージの種類・方法と効果

アロマセラピーを手軽に楽しめる方法として、アロママッサージについて紹介します。

<アロママッサージ>

アロママッサージも比較的手軽に出来る方法です。

キャリアオイルをベースとして、香りと効果を考えて選んだアロマオイル(精油)を1%以下の濃度になるように混ぜて、肌にやさしく塗布します。顔などのデリケートな部分に使用する場合は、さらに低い濃度での使用することをおすすめします。

フェイスマッサージ、ボディマッサージなどによってリラックス感を味わうのと同時に、アロマオイル(精油)の成分を皮膚から浸透させることによってアロマセラピーの効果を得る方法です。

アロマトリートメントと呼ぶ場合もあります。

<必要なもの>
アロマオイル(精油)、キャリアオイル

アロママッサージの種類・方法と効果

アロマセラピートリートメント(アロママッサージ)の手技にはいくつかの種類がありますが、主に使う手技に、軽擦法(さする)・圧迫法(押す)・揉捏法(もむ)の3種類があります。

全ての手技に共通するのが、強すぎず気持ちいいくらいの圧で行うのが基本ということです。

ただ、日本人は、比較的強めの圧の方が好きという人も多いようです。


アロママッサージは、マッサージによる肌からの直接吸収、香りによる間接的吸収で精神的作用などが得られます。

タイミングとしては、お風呂上りなど、血行がよくなっているときに、マッサージすることによって、リンパの流れや血液もよくなって、冷えや浮腫みが改善され心身ともに作用し更に美しくなる効果があります。

また、赤ちゃんがいるお母さんが赤ちゃんにマッサージをしてあげれば、スキンシップが出来ることで愛情を感じる事ができて、お母さんにとってもリラクゼーションにもなるので、一石二鳥でしょう。

関連エントリー

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピー TOP >  アロマの効果・楽しみ方  >  アロママッサージの種類・方法と効果

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをMy Yahoo!で購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをGoogle readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをlivedoor Readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをはてなRSSで購読する

パーツ