アロマセラピーで花粉症対策

ここでは、アロマセラピーでの花粉症対策について考えてみたい。

そもそも、人間の体にとっては、スギなどの花粉は異物であり、この異物に対して体の免疫反応が過剰に反応してしまって、鼻・目・気管支などの粘膜が炎症を起こすために、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど、花粉症特有のアレルギー症状が起こってしまうと考えられている。


花粉症に効果がある精油は、代表的には3つある。

1、ユーカリ

ユーカリの効用としては、花粉症のほかにも、筋肉痛を鎮めるための鎮静作用などがある。


2、ティートリー

ティートリーには、強い殺菌力があり、免疫力を刺激する作用がある。


3、カモミールジャーマン

「カモミールジャーマン」には殺菌作用がある。

香りが非常に強くて薬草のような匂いがするので、苦手な方には「カモミールローマン」をおすすめする。

アロマセラピーで花粉症対策

<使用方法>

1、コップ一杯の水(または湯)にティートリー、またはユーカリを1滴入れてうがいをする。

花粉症だけではなくて、風邪などの予防にも効果がある。


2、マスクの端(直接顔にあたらない様にガーゼの中部分)に、1〜2滴ほどのエッセンシャルオイルを染み込ませるという方法もある。

この場合には、ガーゼの中央にエッセンシャルオイルを染み込ませないようにすること。


3、アロマバスを楽しむ。

オイルの成分がお風呂の湯気と一緒に鼻から吸収され、かつ肌に浸透されるので、より高い効果が期待できる。

お風呂の掃除が大変だという方は、カップや洗面器に精油を数滴ほど垂らして蒸気を吸うという方法が手軽に出来てよいと思う。

関連エントリー

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピー TOP >  アロマの効果・楽しみ方  >  アロマセラピーで花粉症対策

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをMy Yahoo!で購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをGoogle readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをlivedoor Readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをはてなRSSで購読する

パーツ