フランス式メディカルアロマセラピー

フランス式メディカルアロマセラピーという言葉は知っているだろうか?

香りの効果でもってリラックスするイギリス式のメディカルアロマセラピーとは違って、香りと、精油の力で体調が悪い方の(病気とは認められていない)症状を改善させたりする事が出来る代替医療のことである。

例えば、風邪などの伝染性疾患や、にきびやアトピー性疾患などの皮膚疾患、うつ病やパニック障害、睡眠障害、不安症等の精神性疾患、消化器系疾患などの早期の改善・治癒効果が期待されている。

もともとは、アロマテラピーが誕生した由来が、フランス人科学者ガトフォッセが実験中火傷をしたときに、そばにあったラベンダーの精油を患部に塗った事によって症状が軽減された事から生まれたものなので、元々は代替医療の方が由来となっているわけだ。

フランス式メディカルアロマセラピー

その後に、キャリアオイルなどに希釈して使用するマッサージなどが編み出されて、美容や癒しなどを目的とするアロマテラピーへと発展していったのである。

このアロマテラピーがイギリスに渡ったのときに、「医療」としては認められず、リラックスなど癒しを目的とした「アロマテラピー」が定着していったとされている。

日本においては、イギリス式のアロマテラピーでマッサージや癒し、リラックスを目的としたものが主流となっている。

しかし、メディカルアロマセラピーは、オイルを肌からの直接吸収によって、成分を直接身体に取り込むので効果が格段に違うといえる。

関連エントリー

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピー TOP >  アロマセラピーの歴史  >  フランス式メディカルアロマセラピー

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをMy Yahoo!で購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをGoogle readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをlivedoor Readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをはてなRSSで購読する

パーツ