アロマセラピーの日本での歴史

「アロマセラピー」という言葉は、ご存知の方が大勢いると思うが、名前くらいしか聞いたことがないという方もいらっしゃることだろう。

アロマセラピーとは、アロマとセラピーを組み合わせて造った言葉であって、

アロマ(Aroma、香法)+テラピー(Therapy、療法)=「アロマセラピー」(AromaTherapy、香法療法)という意味であり、この言葉の通り、香りを使った方法によって、身体共に療法(癒す)という意味を持っている。

アロマセラピーの日本での歴史

例えば、ローズのような花の香りによって、なんだか優しい気持ちや幸せな気持ちになったり、ペパーミントのような香りで鼻の通りがよくなったりするような体験をした人もいるだろう。

こういった現象は全て香りが身体に影響を与え、効果を発揮しているということである。

アロマセラピーは、香りが持つこのような作用を利用しているのである。


また、アロマセラピーは、植物の成分を凝縮させて抽出した精油を使って行う自然療法なので、香りをかいだり、直接肌に塗布して成分を吸収させることにより、本来人間が皆持っている自然治癒力を高めて心身を改善させる効果があるのである。


アロマセラピーは、ヨーロッパなどでは、かなり昔から浸透していたようだが、日本では、ほんの数十年前に名前が知れ渡り始めたにすぎない。

名前が知れ渡り始めてから、数十年位しか経っていないのに、香りや効能に興味を持ったり、生活の一部に取り入れたり、勉強したいという人が増えているのは、現代社会がアロマセラピーの効能を必要としているからかもしれない。

関連エントリー

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピー TOP >  アロマセラピーの歴史  >  アロマセラピーの日本での歴史

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをMy Yahoo!で購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをGoogle readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをlivedoor Readerで購読する
アロマオイルの効能・効果とアロマセラピーをはてなRSSで購読する

パーツ